皮フ科シュウゾー

院長ご挨拶

どこに行ってもうまく治療できなかった


多くの疾患を一つでも治したい


皮膚疾患を豊富な臨床経験を基にして診断を行い、
モニター画面を駆使して、わかりやすく疾患の説明を行い、
最新鋭の治療機器を用い、最良の治療を施すことを目的としております。
種々の面でこれまでの皮膚科治療とは異なったもの、どこに行っても
うまく治療できなかった多くの疾患を一つでも治したいというのが
院長の最大の目的です。受診された患者様に満足と喜びを得て頂きたい。
皮膚患者を修復して未来に向って造り治すことを
コンセプトとしているのが「皮フ科シュウゾー」です。

皮膚疾患を豊富な臨床経験を基にして診断を行い、
モニター画面を駆使して、
わかりやすく疾患の説明を行い、
最新鋭の治療機器を用い、
最良の治療を施すことを目的としております。
種々の面でこれまでの皮膚科治療とは異なったもの、
どこに行っても
うまく治療できなかった多くの疾患を
一つでも治したいというのが
院長の最大の目的です。
受診された患者様に満足と喜びを得て頂きたい。
皮膚患者を修復して
未来に向って造り治すことを
コンセプトとしているのが「皮フ科シュウゾー」です。


関西医科大学皮膚科学会教室入局後、倉敷中央病院皮膚科に出向。帰向後、同大学皮膚科学教室にて医局長、外来医長、病棟医長、講師を歴任。日本皮膚科学会、日本褥瘡学会に所属。活発な医学会報告活動、皮膚疾患治療についての講演も多数。著書、国内外に多数。